×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

通関士試験合格への道

通関士試験は、通関士として就職や転職する人にとって避けては通れない試験ですが、この通関士の資格試験に合格するにはどのような対策をとったらよいのでしょうか。

通関士の試験内容は3科目になります。「通関業法、関税法、関税定率法およびその他関税に関する法律」「外国為替および外国貿易管理法」「通関書類の作成要領および実務」の3つを勉強しなければなりません。通関士試験受験案内に詳しく記載されていますが、通関業務に携わっている人は、科目が免除される場合があります。

通関士試験一発合格したいなら、まず自分の勉強計画を立てましょう。学校へ行って勉強するのか、自宅で自力でやるのか、自分に合った方法をまず見つけましょう。また通信講座を利用して通関士試験の勉強をすることもできるでしょう。通関士試験までの無理のない計画がやる気を失わないコツです。通関士試験の勉強のポイントは、とにかくたくさん問題を解くことでしょう。

そうすれば過去の通関士試験の出題傾向を把握することができます。通関士試験当日まで、問題集は何度も見直しに使います。答えを書き込んだりするとただの参考書になってしまいますので気をつけましょう。書き込みはテキストのほうにどんどんして、自分だけのテキストを作り上げていきましょう。とにかくどんどん問題を解きましょう。分からないことがあっても気にせず問題を解くことが重要です。

そして通関士試験問題を一通り解いたら忘れないうちに復習します。一日に出来る量を決め確実に頭に入れるようにして間違ったところの見直しも重要です。通関士試験に合格して、無事就職、転職できたときのことを思い浮かべてください。最後まで通関士試験をやり通すには、夢と希望を持って試験に臨むようすることが大切なのではないでしょうか。

関連サイト


アロマテラピストの就職先

アロマテラピストとして活躍できる主だった就職先はどんなところになるのでしょうか。アロマテラピストとして活動できるところはどんなところになるのかご紹介します。

アロマテラピストになると一番多いのがアロマテラピーショプで、精油や関連商品を専門に扱うお店です。それぞれのアロマテラピーショップで、アロマテラピストに対する必要な知識が変化します。ショップごとに扱う精油や品質、ターゲットが違ってくるからです。生活の中に取り入れられるルームフレグランス的な物を求めてくるお客様、心身の改善を目的にくるお客様などが主にやってきます。

アロマテラピストはそういった方々にアドバイスをするのが仕事です。適切な精油を紹介したり、基本的な注意事項を伝えます。アロマの関連商品を供給する立場である、精油のサプライヤーもアロマテラピストの仕事で、医療関係者やサロンが取引相手だったりする場合、高度な知識が要求されることもしばしばあります。

トリートメントや、アロマテラピーマッサージの技術を身につけると、美容サロンで美容施術を行う仕事ができます。美容サロンの中でもエステティックよりの美容サロン、治療院よりの美容サロンがあります。治療院などもアロマテラピストが就職できるところのひとつです。ただしアロマテラピストとしてだけでは、医療関係で施術をすることはできません。

医療関係の資格を持っていない場合は、アシスタントとして働くことになります。同時に看護免許などを持っていると、アロマテラピストとして幅広く活躍できるかもしれません。自分でアロマテラピーサロンや治療院を開業するという将来の選択肢もあるでしょう。


webデザイン学校

ホームページやブログなどは昨今のインターネット普及に伴って、増加傾向にあります。Webデザイン学校ではこれらを手がけるプロを養成しています。

インターネットが膨張を続けていることで、web業界は人手が慢性的に足りない状態にあるといわれています。ますます注目されつつあるのが、ホームページのデザインや設計を手がけるwebデザイナーやwebエンジニアという仕事です。webデザイナーは、プログラムの知識もデザインのセンスも必要とされるクリエイティブな職種です。

知識と技術をしっかりと身につければ、幅広い活躍の場がある職種であるともいえるでしょう。webデザイン学校で学べることはたくさんあります。グラフィックやデザインだけではなく、プログラミングやマーケティング理論も学ぶことができます。webデザイン学校の中には、パソコン初心者向けの講座を行っているところもあります。

またwebデザイナーやプログラマーへの就職の紹介などをしているところもあります。webデザイン学校はwebデザイナーやwebエンジニアとして一生ものの技術・知識を身につける事ができる学校です。長く通うことになる学校ですので、授業の中身はじっくりと吟味しましょう。

比較検討として、自分の求める学科、講座を見つけるまで探すことが大切です。キャリアや進路の相談窓口をもうけているwebデザイン学校もあります。webデザイン学校でカウンセリングを受けながら、その雰囲気を掴むことも重要でしょう。


リンク集1
リンク集2
Copyright © 2008 資格と就職 All rights reserved.
- ホームページSOS -